内容はたった7%分? メラビアンの法則
お客:おっしゃー!

ウサ田:何ウサ?サラリーマン金太郎みたいな声だして。

お客:いやぁ、映画見てたんですけど、感動しました!特に、ラストのヘッドコーチの演説が!いやぁ~洋画ってホッント、いいものですね!なんか、カッチョよくて。外国人ってだけで絵力(えぢから)が倍増ですよ!ずるいぞ!

ウサ田:確かにそれはあるかもしれないウサね!

お客:いやぁ、それにしても、字幕だから、結構内容をはしょられている感じもしました!うーん!こんな時こそ、英語を勉強したい!って思いますなぁ。生の英語を聞いて理解すれば、感動が何倍増しになる事か!!

ウサ田:そ、そうウサ?・・・・たぶん、7%分しか、感動が増えないウサ。

お客:え!?なんで7%なんですか?!

ウサ田:メラビアンの法則ってのがあるんだウサ。

お客:なんですか!?ソリャ?

◎メラビアンの法則(3Vの法則)とは?

ウサ田:メラビアンの法則とは、プレゼンテーションや演説の際、人が話す時に、外見・話し方・内容のうち、どれがどのくらい影響力をもつか、って事についての法則ウサ。それによると、それぞれ以下の割合なんだウサ。

  外見(Visual) = 55%
  話し方(Vocal) = 38%
  内容(Verbal) = 7%


お客:えっと・・・・・んで、さっきの字幕の話が、どうして7%なんですか?

ウサ田:その、映画の中の演説のシーン。そこには、演説を行う役者がいて、役者がしゃべるウサね。そして、英語がわからなければ、しゃべりかた、語気の強さはわかるとしても、内容は字幕でしか知ることはできないウサね。

お客:あ!そうか。字幕が内容(Verbal)を表していて、英語のヒアリング(ただし内容はわかんない)で伝わる語気やしゃべり方が話し方(Vocal)を表していて、んで、外見(Visual)はスクリーンを見たらわかる、そう言いたいんですね!

ウサ田:そうウサ。だから、字幕にする過程で省略された内容を知るために、英語のヒアリング能力を高めたとしても、Verbalの分7%しかインパクトが改善されない、そう言う事ができるウサね?

お客:・・・・ウソだぁ?理論としては整合性がありますけど、実際にそうですかネェ?

ウサ田:ホントウサ。だって、僕も映画の演説を音声だけで聞いたら、何か物足りなかったし、文字に落としたものを読んでも、イマイチだったウサ。やってみたらわかるウサ。

お客:でも、映画をミュートで見たら、もう、わけわかんないですよ。

ウサ田:そう、それもまた事実なんだウサね!

◎メラビアンの法則といえども、内容は必要条件!

お客:んじゃ、メラビアンの法則を鵜呑み(うのみ)にしちゃいけないって事ですか?

ウサ田:個人的にそう思うウサね。見た目や語気だけでは何も伝わらないのも確かだウサ。確かにVisual面は大事なんだけども、だからといって、内容がおろそかになってはいけないウサね。だから、Visual面は、とっても強力なアンプと考えるべきウサ。

お客:アンプっていうと、ステレオコンポとかスピーカーについている拡声器の事でしたっけ?

ウサ田:そうウサ。言語情報(Verbal)を何倍ものインパクトにするアンプが、見た目(Visual)であり、また、感情や熱意を伝える言い方(Vocal)はミキサーと言う事ができるウサ。アンプもミキサーも、そもそも音を流さなかったら、使えないウサね。

お客:な、なるほど!!

◎インターネットにおけるメラビアンの法則

ウサ田:インターネットにおける文字媒体においても、このメラビアンの法則における見た目(Visual)や言い方(Vocal)を充当させる工夫があるウサ。それがエモティコンってヤツなんだウサ。

お客:あぁ、リンスで似た様なのありましたね、ソレ。ティモテ~ティモテ~みたいな(長い髪を梳かす仕草で)。

ウサ田:エモティコンは、エモーションとアイコンの合成語で、MSNメッセンジャーではおなじみの顔マークなどがそれに当るウサ。いわば、見た目(Visual)の代替機能として、表情をあらわしてくれるんだウサ。

お客: (  Д ) ヽ。 γ゚

ウサ田:そういうのもエモティコンの一部ウサね。

お客:(´・ω・`)

ウサ田:そして、話し方(vocal)を表すものとして、ソフナーと呼ばれる言語技術があるウサ。

お客:なんですかそりゃ?なんかの柔軟剤?

ウサ田:それは、違うんですよねぇ~www

お客:・・・・・なんか、急に殴りたくなりました。グーで殴っていいですか?

ウサ田:や、やめてウサ!!今の、語意や語勢を和らげるような語尾が、ソフナーなんだウサ。ちょ、ちょっと使い方がヘタッピだったみたいウサ。

お客:ウサ田さんも、まだまだですね。僕の方がうまく使えますよ?

ウサ田:んじゃ、ちょっとやってウサ。

お客:わかっただっちゃ。

ウサ田:・・・・。

お客:ダーリーン!あんまりそわそわしないで欲しいっちゃ!


ウサ田:・・・・糸冬 了 ! !
[PR]
by uzada | 2004-06-21 02:20 | 心理学・カウンセリング
<< オレが渋谷の支配者だ! ドミナ... JUGEMの戦略 SWOT分析 >>