NEETと働く理由
 就職意欲がなく働かない、「ニート(NEET=無業者)」と呼ばれる若者たちが急増している。平成十五年は六十三万人と十年前の約一・六倍に増加、十五-三十四歳の約2%に上ると推計される。就職活動をしないことからハローワークなど公的機関経由の接触も困難。少なくとも働く意思はあるフリーターよりつかみどころがない存在で、職業人育成システムの再構築が必要になりそうだ。

 ニートの急増ぶりは、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の小杉礼子・副統括研究員が、総務省の労働力調査のデータを分析して明らかにした。十五-三十四歳の比較的若い年齢層に限定、フリーターを除外し計算したところ、平成五年の四十万人から、十年後の十五年には六十三万人に急増し、対象年齢層の約2%に上ったという。
(引用:産経新聞)

ウサ田:って事で、ニートについて扱うウサ。

お客:ははぁ、キン肉マンの横にくっついてる小さくて賢い人ですね!

ウサ田:それはミート君ね。ニート。NEETなんだウサ!

お客:・・・NEETってどういう意味なんですか?

ウサ田:Not in Employment ,Education or Trainingの略語なんだウサ。

お客:えっと・・・・「雇用されてない、学校か訓練??」

ウサ田:違うウサ。「雇用されていなく、また教育・訓練を受けているわけでもない」という状態で、アルバイトなどで食いつないだりしながら生活している無業者の事を指すウサ。

お客:ははぁ、失業者って事ですか?

ウサ田:実は失業者の人数には含まれていないウサ。

お客:ん?どうしてですか?

ウサ田:日本の「失業者(完全失業者)の定義には「求職中のもので職に就いていない者」というのがあるんだウサ。・・・・・ようするに、ハローワークに通っている人じゃないと、失業者にカウントされないって事だウサ。

お客:んじゃ、どこにカウントされるんですか?

ウサ田:学生や主婦・老人などの「非労働力人口」だウサ。

お客:ほぉほぉ・・・・・・

◎なぜNEETは働かないのか?

お客:なんでNEETの人たちは働かないんでしょう!

ウサ田:わかんないウサ。

お客:というわけで、今回はこれまでっ!また次回!

ウサ田:だって、人によって理由は様々なんだウサ。「僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由」(稲泉連・著)でも、働かない理由は人様々。一概に捉える事はできないウサ。・・・まぁ、アメリカの統計では「働きたくない」という層が全体の5%いたから、外的な理由だけでなく、内的な理由も十分ありうるとは思うけど・・・

お客:心理学的なのは「サイコログ」など、心理の専門家にお任せしましょう!そして、僕らはNEETの記事は投げちゃって、次の記事「萌えと常習性」について突き進みましょう!ええ!突き進みましょう!

ウサ田:・・・というわけにもいかないので、今回は逆に、「どうして働くのか」の理由について扱ってみようと思うウサ。

◎なぜ人は働くのか?

ウサ田:まず、転職斡旋サイトのU2Bが行った「働いている理由についてのアンケート」結果を見てみようウサ。
a0017407_14922.jpg

ウサ田:理想としては、「自己実現」のために働きたいと思っているけど、実際は「家族を養っていくため」の理由が大きく、自己実現ややりがいのために働くことができている割合は相対的に低い結果になっているウサね。

お客:んじゃ、もしも「働かなくても、割と食っていける状況」だったら、働く理由の大多数がなくなってしまうって事じゃないですか?

ウサ田:そうウサね。働く必然がなければ、働かないのも自然だと思うウサ。

お客:うーーむ。

ウサ田:別にこのblogで「さ、NEETの皆さん、このままでは日本の労働人口は弱体化するばかりですので、バリバリ働いて、税金を納めましょう!」なんて言う気はさらさらないウサ。

お客:んじゃ、「これからもNEETでいこうぜっ!」て感じで?

ウサ田:それもなんだかむなしいメッセージだウサ。

◎働くという事のモデルが不在だったのではないか

ウサ田:個人的には、イイカンジの「働いている人」の姿を見てこなかったのが問題だと思うウサ。

お客:ほうほう・・・ってどういう意味ですか?

ウサ田:例えば、家で父親や母親が「労働」の尊さについて伝えた事があったか、という点とかウサ。

お客:普通ないんじゃないかと。

ウサ田:そうウサね。僕は、「プロジェクトX」を見て、初めて「あぁ、工場ってこんなことしてるのか。いつも決められた時間に始まり、決められた時間まで決められた作業を繰り返すだけなのかと思っていた・・・」と思ったウサ。・・・・そんだけ貧困な労働観だったんだウサ。

お客:確かに、それは貧困ですねぇ。ウサ田さんって想像力ないですなぁ。

ウサ田:お客さんはどうなのウサ?工場ってどんな事をしているイメージがあるウサ?

お客:・・・・そりゃもう、タイムカード押しまくりですよ!

ウサ田:え~!?

お客:すいませーん!全然イメージ貧困でしたーっ!!!

ウサ田:これが中学生・高校生ならもっと貧困なんだウサ。そもそもタイムカードの存在を知らないかもしれないし。

お客:ううーむ。

ウサ田:というわけで、個人的には、幼い時から「仕事ってこういう事なんだ」「働く事ってこう言う事なんだ」って事を周りの大人が多く語る必要がある気がするウサ。そういった体験を持たないと、自分が学生時代に経験した「バイト」だけが唯一の労働体験になり、「働くってバイトみたいなもんか」と思ってしまうウサ。

お客:まぁ、実際は変わらない部分もあるんですけどね。

ウサ田:でも、バイトを決めるのと、定職を決めるのとでは難度も意味も全然違うウサ。

お客:うぐっ、確かに。

ウサ田:というわけで、今後何回かに分けて、働く人の話を取り上げてみたいと思うウサ。

お客:なるほど・・・。・・・・・それって手抜き?

ウサ田:だまらっしゃい!!!・・・とりあえず、今回は僕のお仕事である「外資系コンサルタント」について、どんな仕事っぷりなのか、よくわかるサイトを紹介しておしまいにするウサ。ちょっと長めだけど、とっても読みやすい文章なので、是非読んでみてくださいウサ。

◎タカシの外資系物語

タカシ・外資系駆け出しの頃(その 1)(No.202)
タカシ・外資系駆け出しの頃(その 2)(No.203)
タカシ・外資系駆け出しの頃(その 3)(No.204)

ウサ田:実は、作者の「タカシ」さんにメールを差し上げた事があって、そこで「自分が外資系コンサルタントを職に選んだ時、とても参考にしました」と書いたら、次の回がこの「駆け出しの頃」だったんだウサ。・・・もしかして僕のメールをきっかけに書いてくれたのかもしれないウサ。

お客:自意識過剰ォ~。

ウサ田:うわーーん!!
[PR]
by uzada | 2004-06-01 23:59 | 人材・就職
<< ヒヤリ!ハット! ハインリッヒの法則 五月の記事で反響の大きかったのは? >>