blogランキングの順位を上げる方法
お客:うわーーーん!!死んでやる~~~

ウサ田:どうしたウサ!?

お客:ドラ○も~~ん!!

ウサ田:だ、誰がネコ型ロボットだウサ!!

お客:すんすん。実は、前回blogを始めたって言ったじゃないですか。

ウサ田:そうウサね。

お客:んで、ついでに「人気blogランキング」に登録したんですよ!要するに、クリックしてもらった回数で順位が決まるってヤツです。

ウサ田:ふむふむ。

お客:なのに、ずっとビリなんです!!うわーん。ネットの海で溺れ死んでます!孤独死です!スタンドアローンコンプレックスです!

ウサ田:泣くなウサ。泣いたからといって、blogのカウンターは回らないウサ。

お客:ウサ田さんなら知ってますよね、「人気blogランキング」で順位をぐんぐん上げる方法を・・・・・っ!!!

ウサ田:くっ・・・・オレにだって・・・・わからない事ぐらい・・・・・ある・・・

お客:っていうか、わからない事だらけですよ!ウサ田さん。

ウサ田:しょうがないウサ、それはそうだウサ。一緒に考えるウサ。

◎人気blogランキングとは?

ウサ田:そもそも、その「人気blogランキング」とはどんな仕組みウサ?

お客:要するに、自分のblogにリンクを貼る事を条件に、ランキングに登録できるんです。ランキングは、そのリンク経由でどれだけ「blog人気ランキング」のサイトに人が訪れたか、そして「人気blogランキング」のサイトから、どれだけ順位を見て自分のblogに訪れる人がいるか、という「IN」と「OUT」の合計をカウントするんです。

ウサ田:そうウサか。

お客:んで、一人につき1日に一回しかカウントされないので、自分でクリックしまくっても意味ないんです。くぅっ、連射なら負けないのに!!

ウサ田:コラコラ。んで、そのランキングに登録すると、どんないい事があるんですか?

お客:やっぱり、自分のblogに順位がつく、自分の評価が与えられる、ってのは嬉しいものです。「あぁ、1位上がった!」とか、日々の更新の励みになりますよ。

ウサ田:確かに、モチベーション維持にはいいかもしれないウサ。

◎人気blogランキングの上位に学ぼう

ウサ田:というわけで・・・・実際にランキングのTOPの常連のblogを見てみるウサ。

お客:ふむふむ。って、あぁ!ライバルの順位アップに貢献する事になるじゃないですか!!あんた、どっちの味方なんだ!

ウサ田:いやいや、とっても大事な事ウサよ。ランキングTOPの常連という事は、ランク上昇のための何らかの秘策や工夫を持っている事でもあるウサ。経営戦略でも、優秀な企業のベストプラクティスと自社のギャップを分析する「ベンチマーキング」という経営分析手法があるウサ。

お客:そうなんですか、てっきり「シャア!裏切ったな!シャア!」って叫ぶところでしたよ。

ウサ田:坊やだからウサ。

◎読後のクリック習慣を作る

ウサ田:見てみた結果、ランキング上位の方々はほとんど毎日更新をしているウサね。

お客:僕もしています!!!

ウサ田:うんうん。ただ、お客さんとランキング上位常連の方々の違いは、記事の末尾にあるウサ!

お客:末尾!?

ウサ田:多くのランカーは、ひとつひとつのblogの記事の一番最後に、以下のようなリンクを設けているウサ。

『今回のblogはどうでしたか?よかったら、ランキング協力お願いします!』

お客:おぉ!?、これを押したら、一票入れた事になるわけですか!?

ウサ田:そうウサ。

お客:なんかズルい!

ウサ田:ズルくないウサ。規約で認められた方法だウサ。それに、毎回こうやって書く事で、読み手が「あぁ、おもしろかった」とおもったら、クリックするという習慣を作る事が大事なんだウサ。

お客:習慣ですか?

ウサ田:そうウサ。突発的なお願いなら、その都度の判断でお客さんはクリックするかしないか決めるウサ。でも、毎回のお願いなら、一度「クリックしよう」と判断したのなら、基本的に次からもずっとクリックするようになるウサ。

お客:ふむふむ

ウサ田:これを徹底すると、読者の大半が、人気blogランキングの自分のblogに投票してくれる仕組みができあがってくるウサ。これは、どんなに大きくバナーを表示するよりも効果的だウサ。なんてたって、自動的に投票してもらえる仕組みができるんだから。

お客:そ、そんなにうまくいきますかね?

ウサ田:わかんないウサ。だはは。でも、上位のランカーの方々がやっているから、やっぱりそれなりの効果があると思うウサ!

◎「人気blogランキング」へのバナーは画面上部に置く!

ウサ田:例えば、とあるblogをはじめて閲覧するとするウサ。画面の上から見るウサ?それともスクロールさせて、一番下からみるウサ?

お客:そりゃ、上から見ますよ。新聞じゃないんだから、裏からみたりとかしません。

ウサ田:そうウサよね。これは、他のメディアとの大きな違いウサ。HP関係は、すべからく、上から下へ、という流れで閲覧されるウサ。

お客:そうですねぇ。雑誌はペラペラめくられた後に、とかありますけど、HPはスクロールを適当にしてから・・・・とかないですよね。

ウサ田:んじゃ、さっきの状況の続き。あるblogが「うーん。なんかこれは読みたいblogとはちょっと違うなぁ」って時に、どうするウサ?

お客:とりあえず、違うページに行きます。

ウサ田:どうやって?

お客:ブラウザーの「お気に入り」とかを見るとか・・・検索エンジンを使うとか・・・あと、そのblogのリンクをたどったりとか。

ウサ田:そうウサね!HPの内容に不満を感じ、違うHPに移動しようとする時、人はまず「検索エンジン」「ブックマーク」の順で動き、それら以外の時は、その画面のリンクをたどるウサ。

お客:そうですね・・・・って、あ、そうか!そのときに「人気blogランキング」のリンクを押してもらえれば、結果として一票入るわけですね!

ウサ田:そうウサ。もしも、これが画面の下のほうで、スクロールしなければ見れない場所にあったら、きっとスクロールしてもらえずに、リンクに気づかれないんだウサ。機会ロスになるウサよ!

お客:そっかそっか!だから、スクロールしなくても見れる、上の方にリンク(もしくはバナー)を置けば、すぐ気づくから、クリックしてもらえやすくなるんですね!!

ウサ田:そうウサ!・・・・まぁ、投票の動機がちょっと「人気ランキング」とズレるけど、有効な方法に違いないウサ。これも上位ランカーの多くが使っている手法ウサよ。

お客:いろいろ手法があるんですねぇ・・・・とりあえず、試してみます!

関連)人気blogランキング:http://blog.with2.net/

※excite blogの場合は、登録後、更新した際に「人気blogランキング」にpingを打たなければなりませんが、自動でできる機能がありません。ですから、前回の記事「excite blogでのアクセス解析とping送信」を参照に、手動でpingを打って下さい。

みなさんのblogがより多くの人の目にとまるよう、お祈り申し上げます!

[PR]
by uzada | 2004-05-15 23:07 | ネット・IT
<< ペルソナ・コミュニケーション(3) excite blogでのアク... >>